ABOUT

仙台アトリエクマガイ藝術学院とは

美しい東北の環境と
日本画家の視点

仙台アトリエクマガイ藝術学院は、 日本画家・片岡球子先生の弟子2名が、 愛知県立芸術大学在学中に小山硬先生(現名誉教授)の教室を頂き、それを母体にして設立しました。

泉中央駅徒歩1分の仙台泉中央校をターミナル校とし、 美しい海と豊かな自然の環境を併せ持っている山形七日町校の2校になります。

当学院は、学院設立当時より、美しい東北の風土を意識し、 世界へ羽ばたく感性を育てたいという想いで、日本の伝統的な画材に触れ、日本画家の視点でさまざまな技法を通して、楽しく、多角的に、味わい、学べるようご指導してまいりました。

今年でおかげさまで設立38周年となり、 生徒総数は500名以上になります。 卒業生は全員、国公立芸大・美大や有名私立美大の入学者です。一般日本画コースおよび子供絵画造形コースの生徒さんは、毎年「河北展」「みやぎ児童画展」「世界児童画展」等に出品しています。

学院のイメージ画像